電子レンジで簡単肉豆腐

最近活字を読む習慣から遠ざかっていましたので、
梅田で自由価格本を試しに買ってきました!

選んだ本のタイトルを見ると・・・かなり疲れているのかな(苦笑)
元気になれるをテーマとした本ばかり選んでました(笑)

本は今の自分にとって必要な物を選んでしまうという事がありますので、
しっかり読んで元気になりたいと思います(笑)

・「スパゲッティ・ノリターマ」
白米に合うモノは、パスタにも合う!

・野菜炒めチャンプルー
味薄っ!「味の素」が緊急出動!

・麻婆豆腐スープ
スープをラグの上に垂らさぬよう、慎重に食す。

・電子レンジで簡単肉豆腐
ウマ簡単。一軍昇格決定!

・冷凍庫のアマリ物炒め
水っぽ過ぎた。今度は、絞ってから炒めよう…。

伊藤若冲展は5月24日までなんだ…

今週末か来週末には行かないと…
今週末かな?
混んでるんだろうな…
しょうがないけど、
何かと気遣って自分のペースで見られないからな…

と言っててもしょうがないか!!

録画してた「美の巨人たち」を見てたら「百犬図」を見たくなったけど、
今日5月8日までの展示だったんだ…
残念…

無意識の整え方と幸せになる勇気という本を読んでみた。

幸せについての東洋と西洋な捉え方が違ってて興味深かった。

無意識の整え方では最初に無意識が意思決定をしていて、意識はその後づけで自力でものごとを決めたような気がしているだけやと主張

みずからとおのずから、つまり自分の意思と自然の成り行きの果てのグレーな部分で幸せは存在するという風な世界観である。

一方、幸せになる勇気はバリバリ意識の上での判断をしていこう。自らの意思で勇気で幸せを掴みとろうという世界観。

どっちが良いとか悪いとかは知りませんがパッと見、考えが対極にあると思った。まさに東洋と西洋的やなと。

日本人としてはおのずからの感覚がものすごくフィットする気がするが、そうじゃない人もいるのかな。

幸せになってる友達を見ると皆なぜだかわからないけど運が良かったという。
意識を働かせ過ぎてガチガチ戦略とかいうてる人であまり幸せになってそうな人を知らない、、

無意識の自然な流れを自ら滞らせてる気がする。
かといって無意識に任せ過ぎてもあれかもやけど

自分らしくしてたらおのずから幸せになる感覚が個人的にはいいと思う。アドラー大先生には悪いですが、、

皆さんはどんな感じの幸せになる世界観をお持ちでしょうか。その世界観でいることの結果や如何に